日本の歴史 (にほんのれきし)

◆ きゅう石器せっき時代じだい 【やく10まんねんまえ紀元きげんぜん1まん4千年せんねん

日本にほん列島れっとうひとはじめたのがこのころわれています。当時とうじ日本にほん列島れっとうはアジア大陸たいりくりくつづきで、現在げんざい中国ちゅうごく北部ほくぶやシベリアとの交流こうりゅうもありました。

かれらはマンモス、ナウマンゾウ、オオツノシカなどの大型おおがた哺乳ほにゅうるい食料しょくりょうとし、獲物えもの一緒いっしょ移動いどうかえしながら生活せいかつしていました。

<マンモスの親子>

 ]

縄文じょうもん時代じだい 【紀元きげんぜん1まん4千年んねん紀元きげんぜん10世紀せいき

このころに初めて土器どき発明はつめいされました。土器どき発明はつめい食物しょくもつ煮炊にたきが可能かのうになりしょく種類しゅるいえました。それまでは、獲物えものをつかまえてもくことくらいしかできなかったのが、煮炊にたきができるようになり、さらにどんぐりやべられるようになりました。

しゅりょうのために季節きせつごとに移動いどうかえしていた人々ひとびとは、煮炊にたきをするためのみずやすい水辺みずべちかくの台地だいち定住ていじゅうするようになりました。

縄文土器じょうもんどき

[ ]

弥生時代やよいじだい 【紀元前きげんぜん10世紀せいき~3世紀せいき中頃なかごろ

稲作(いなさく)中心(ちゅうしん)とする農耕(のうこう)社会(しゃかい)成立(せいりつ)し、次第(しだい)地域(ちいき)集団(しゅうだん)形成(けいせい)されました。地域(ちいき)集団(しゅうだん)徐々(じょじょ)大型化(おおがたか)していき「クニ」と()ばれるようになります。当時(とうじ)日本(にっぽん)列島(れっとう)中国(ちゅうごく)から倭国(わこく)()ばれていました。紀元(きげん)前後(ぜんご)には100前後(ぜんご)の「クニ」が中国(ちゅうごく)通交(つうこう)していたとされています。

「クニ」は次第しだい政治的せいじてき結合けつごうつよめていき、倭国連合わこくれんごうばれる政治連合体せいじれんごうたいを2世紀せいき初頭頃しょとうごろ形成けいせいします。2世紀せいき後半こうはん倭国わこくおうとなった邪馬台国やまたいこく卑弥呼ひみこは、中国ちゅうごくとの通交つうこうにより倭国連合わこくれんごう安定あんていはかりました。


弥生時代やよいじだい住居じゅうきょ

[ ]

古墳時代こふんじだい 【3世紀せいき中頃なかごろ~7世紀せいきごろ

各地かくち存在そんざいしていた「クニ」のなかもっとちからのあったヤマトを盟主めいしゅとした「大和朝廷やまとちょうてい」が国内こくない統一とういつしました。

このころに「古墳こふん」の建造けんぞうはじまりました。「古墳こふん」とは、つちたかげた巨大きょだいはかで、くらいたかもの権力者けんりょくしゃはかとして建造けんぞうされました。古墳こふんなかには、「はにわ」とばれるひとうま道具どうぐしたもの一緒いっしょ埋葬まいそうされました。

古墳こふん

 

<はにわ(ひと)> <はにわ(うま)>

また、古墳時代こふんじだいおわわりごろ、朝鮮半島ちょうせんはんとうから仏教ぶっきょうつたわりました。

[ ]

飛鳥時代あすかじだい 【592ねん~710ねん

大和朝廷やまとちょうてい本拠地ほんきょち飛鳥あすか現在げんざい奈良県ならけん明日香村あすかむら)にうつされました。このころ仏教ぶっきょうさかんにひろめられ、「法隆寺ほうりゅうじ」が建造けんぞうされました。法隆寺ほうりゅうじ現存げんぞんする世界最古せかいさいこ木造建造物群もくぞうけんぞうぶつぐんで、ユネスコの世界遺産せかいいさん文化遺産ぶんかいさん)に登録とうろくされています。

法隆寺ほうりゅうじ

飛鳥時代あすかじだいには日本にほん最初さいしょ戸籍こせきつくられたり、日本にほんはじめて流通貨幣りゅうつうかへいつくられたりと、くにとしての中央集権体制ちゅうおうしゅうけんたいせいととのっていきました。国号こくごうを「」から「日本にほん」にしたのも、このころです。

[ ]

奈良時代ならじだい 【710ねん~794ねん

710ねんみやこ奈良なら現在げんざい奈良県奈良市ならけんならし)にうつされました。みやこである平城京へいじょうきょう中心ちゅうしんとした貴族きぞく仏教文化ぶっきょうぶんかさかえた時代じだいです。「東大寺とうだいじ」をはじめとする大型寺院おおがたじいん仏像ぶつぞうなどが数多かずおおつくられました。また、「古事記こじき」「日本書紀にほんしょき」「万葉集まんようしゅう」などの現存げんぞんする最古さいこ史書ししょ文学ぶんがく登場とうじょうしました。

東大寺とうだいじ 東大寺とうだいじ大仏だいぶつ

政府せいふ戸籍こせき人民じんみん把握はあくし、税制ぜいせい身分制度みぶんせいどつくったのもこの時代じだいです。

[ ]

平安時代へいあんじだい 【794ねん~1185ねん

794ねんあたらしいみやこ平安京へいあんきょう)が京都きょうと建設けんせつされました。
「ひらがな」と「カタカナ」が発明はつめいされたことで簡単かんたん文章ぶんしょうけるようになり、「枕草子まくらのそうし」や「源氏物語げんじものがたり」に代表だいひょうされる和歌わか日記にっき物語文学ものがたりぶんがく数多かずおおつくられました。また、人々ひとびと様子ようす愛嬌あいきょうのある、きとした姿すがたで描いた「鳥獣人物戯画ちょうじゅうじんぶつぎが」もこの時代じだい作品さくひんです。

鳥獣人物戯画ちょうじゅうじんぶつぎが

平安時代へいあんじだい後半こうはんには、くに収入しゅうにゅうとなるべき田畑たはた収穫しゅうかく有力ゆうりょく貴族きぞく寺社じしゃあつまるようになりました。土地とちをめぐってのあらそいがこるようになり、武士ぶし武士団ぶしだん登場とうじょうするようになりました。

[ ]

鎌倉時代かまくらじだい 【1185ねん~1336ねん

源頼朝みなもとのよりとも武士ぶし頂点ちょうてんち、朝廷ちょうていより将軍しょうぐん任命にんめいされ鎌倉かまくら現在げんざい神奈川県鎌倉市かながわけんかまくらし)に鎌倉幕府かまくらばくふひらきました。鎌倉幕府かまくらばくふ公的こうてき機関きかんではなく、あくまでも源頼朝みなもとのよりとも私的してき機関きかんです。幕府ばくふ支配下しはいかいたのは主従関係しゅじゅうかんけいむすんだ全国ぜんこく武士ぶしのみであり、当初とうしょ経済けいざい中心ちゅうしん京都きょうとのままで、政治せいじ実権じっけん朝廷ちょうていにありましたが、次第しだい幕府ばくふ中心ちゅうしんとする武士ぶしちからをつけていきました。

その源家みなもとけから北条家ほうじょうけへと幕府ばくふ実権じっけんうつると、北条家ほうじょうけ朝廷ちょうてい幕府ばくふ両立りょうりつさせることで政治せいじ安定あんていさせました。しかし、朝廷ちょうてい使つかえる公家くげ幕府ばくふ不満ふまん武士達ぶしたち反乱はんらんこし、1336ねん鎌倉幕府かまくらばくふ滅亡めつぼうしてしまいます。

鎌倉時代かまくらじだいには、国家的事業こっかてきじぎょうとして東大寺とうだいじをはじめ様々さまざまてら再建さいけんがなされる一方いっぽう、12世紀せいきなかごろから13世紀せいきにかけて、新興しんこう武士ぶし農民のうみんたちのもとめにおうじて、あたらしい宗派しゅうはである浄土宗じょうどしゅう浄土真宗じょうどしんしゅう時宗じしゅう日蓮宗にちれんしゅう臨済宗りんざいしゅう曹洞宗そうとうしゅう宗祖しゅうそ活躍かつやくしました。

これらの6しゅうは、それまでの仏教ぶっきょう要求ようきゅうするようなきびしい戒律かいりつ学問がくもんなどを必要ひつようとせず、ただ信仰しんこうすることですくいにあずかることができるとくものでした。

鎌倉かまくら大仏だいぶつ

室町時代むろまちじだい 【1336ねん~1573ねん

鎌倉幕府かまくらばくふ滅亡後めつぼうご、いくつかのたたかいを足利家あしかがけ京都きょうと室町幕府むろまちばくふひらきました。足利家あしかがけは、その15代将軍だいしょうぐんである足利義昭あしかがよしあきだいまで230ねん以上いじょうわた日本にほん統治とうちします。

室町時代むろまちじだい都市とし発達はったつにより、農民のうみんとはべつ都市部としぶ庶民しょみん文化ぶんかになとなってくる時代じだいでした。庶民しょみんあいだでは短編の物集ものしゅう御伽草子おとぎぞうし)がまれ、狂言きょうげん小唄こうたなどの庶民芸能しょみんげいのう流行りゅうこうします。

狂言きょうげn

食文化しょくぶんかでは、味噌みそ醤油しょうゆ豆腐とうふなど日本料理にほんりょうり基本要素きほんようそ出揃でそろった時代じだいでもあります。また、室町時代むろまちじだい後期こうきには鉱山開発こうざんかいはつ日本中にほんぢゅう積極的せっきょくてきおこなわれ、とく金山きんざん銀山ぎんざん開発かいはつにはちかられていました。

1549ねんにはスペインからフランシスコ・ザビエルが来日らいじつし、日本にほんはじめて西洋文化せいようぶんか直接ちょくせついました。

<フランシスコ・ザビエル>

15世紀末せいきまつから16世紀末せいきまつにかけての室町時代むろまちじだい後期こうきは、「戦国時代せんごくじだい」ともばれ、戦乱せんらん頻発ひんぱつした時代じだいでした。乱世らんせにより室町幕府むろまちばくふ権力けんりょく完全かんぜん失墜しっついし、全国各地ぜんこくかくちちからった武士ぶし戦国大名せんごくだいみょう)が領土拡大りょうどかくだいのためにあらそつづけました。

1573ねん戦国大名せんごくだいみょうである織田信長おだのぶなが将軍しょうぐんである足利義昭あしかがよしあき京都きょうとから追放ついほうし、室町時代むろまちじだいわりました。

[ ]

安土桃山時代あづちももやまじだい 【1573ねん~1603ねん

室町幕府むろまちばくふ崩壊後ほうかいご織田信長おだのぶなが政権せいけんはじまり1576ねんには安土城あづちじょう建設けんせつされ、名実めいじつともに天下統一てんかとういつするとおもわれていました。しかし、家臣かしんである明智あけち光秀みつひで謀反むほんにより、1582ねん織田信長おだのぶなが自害じがいまれてしまいます。(この事件じけんを「本能寺ほんのうじへん」といいます。)

その豊臣秀吉とよとみひでよし謀反むほんこした明智光秀あけちみつひでち、政権せいけん後継者こうけいしゃとしての地位ちいかため、1590ねん天下統一てんかとういつたしました。

この時代じだいは、新興しんこう武士勢力ぶしせいりょく商人しょうにん経済力けいざいりょくなどを反映はんえいして、仏教色ぶっきょうしょくすくない現世的げんせいてき文化ぶんか発展はってんしました。また、ちゃ流行りゅうこう茶器ちゃき大名だいみょうから家臣かしんへの報奨ほうしょうとされたり、茶会ちゃかい武将ぶしょう豪商ごうしょうむすぶなど政治せいじにも影響えいきょうしました。

また、スペインからフランシスコ・ザビエルが来日らいじつしたことで、南蛮貿易なんばんぼうえきによってもたらされた南蛮文化なんばんぶんか影響えいきょうおおけました。キリストきょう宣教せんきょうであったフランシスコ・ザビエルは、各地かくち戦国大名せんごくだいみょう領内りょうないでの布教ふきょう許可きょかもとめ、さらに大名自身だいみょうじしんへの布教ふきょうおこいキリストきょうひろめていきました。キリストきょう入信にゅうしんした大名だいみょうは「キリシタン大名だいみょう」とばれています。


屏風びょうぶ

茶碗ちゃわん 南蛮人なんばんじん

1598ねん豊臣秀吉とよとみひでよし死去しきょすると、主導権争しゅどうけんあらそいがはじまります。1600ねん勃発ぼっぱつした全国ぜんこく二分にぶんする「関ヶ原せきがはらたたかい」に勝利しょうりした徳川家康とくがわいえやす政権せいけん基盤きばんかため、安土桃山時代あづちももやまじだいおわわります。

[ ]

江戸時代えどじだい 【1603ねん~1868ねん

関ヶ原せきがはらたたかい」に勝利しょうりした徳川家康とくがわいえやすは、1603ねん朝廷ちょうていから征夷大将軍せいいたいしょうぐん任命にんめいされ、江戸えど現在げんざい東京とうきょう)に幕府ばくふひら江戸時代えどじだいはじまります。1614ねん豊臣家とよとみけ勢力せいりょく一掃いっそうすることでながつづいた政局不安せいきょくふあん終焉しゅうえんむかえ、徳川幕府とくがわばくふ以後いご260ねん以上いじょうつづ長期安定政権ちょうきあんていせいけん基盤きばん確立かくりつし、平和へいわ状態じょうたい日本にほんにもたらされます。

徳川幕府とくがわばくふは、大名だいみょう朝廷ちょうていに対して上手じょうず統制とうせいおこいながら幕府ばくふ運営うんえいし、政権せいけん安定あんていさせていきました。外国がいこくとの交流こうりゅうについては、中国ちゅうごく、オランダ、朝鮮ちょうせん以外いがい外国がいこくとの交流こうりゅう禁止きんしする鎖国政策さこくせいさくり、1612ねんにはキリストきょう禁止令きんしれい発令はつれい日本にほんでのキリストきょう禁止きんししました。

鎖国後さこくごはもっぱら国内重視こくないじゅうし政策せいさくられ、その結果けっか京都きょうと大阪おおさか江戸えど大都市だいとし経済けいざい各地方都市かくちほうとし経済けいざいとも急成長きゅうせいちょうし、全国的ぜんこくてきおおきな繁栄はんえいげました。一方いっぽう文学ぶんがく絵画かいがめんでも、浮世草子うきよぞうし俳諧はいかい浄瑠璃じょうるり浮世絵うきよえなどが誕生たんじょう文化的ぶんかてきにもおおきな発展はってんげています。


浄瑠璃じょうるり

 

浮世絵うきよえ

江戸時代えどじだいはじまってから250ねんあまりのあいだ財政悪化ざいせいあっかやインフレ、飢饉ききんなどの様々さまざま危機ききえてきた江戸幕府えどばくふでしたが、19世紀せいきに入ると急速きゅうそく制度せいど疲労ひろうはじめます。それにくわえて、近代化きんだいかすすんだ欧米諸国おうべいしょこくふね資源しげん市場しじょうもとめて、日本にほん近海きんかいにも頻繁ひんぱん出没しゅつぼつするようになりました。そして1853ねんにアメリカ合衆国がっしゅうこく黒船くろふね浦賀うらが強行上陸きょうこうじょうりくしたことをきっかけに、1854ねん日本にほんはついに開国かいこくすることとなりました。


開国かいこく

開国後かいこくご外国がいこく不平等ふびょうどう条約じょうやく締結ていけつしてしまった日本にほん経済けいざい大打撃だいだげきけ、幕府ばくふちから徐々じょじょおとろえていきます。1867ねんだい15だい将軍しょうぐん徳川慶喜とくがわよしのぶは、260ねん以上いじょうにわたって幕府ばくふ保持ほじしていた政権せいけん朝廷ちょうてい返上へんじょうすることをもうれました。そして、翌年よくねんの1868ねん天皇てんのう中心ちゅうしんとした新体制しんたいせいつくられました。

江戸時代えどじだいから明治時代めいじじだいへとうつり、ここから日本にほん急速きゅうそく近代国家きんだいこっかへと発展はってんしていきます。

[ ]

明治時代めいじじだい 【1868ねん~1912ねん

 

《 coming soon 》

[ ]

大正時代たいしょうじだい 【1912ねん~1926ねん

 

《 coming soon 》

[ ]

昭和時代しょうわじだい 【1926ねん~1989ねん

 

《 coming soon 》

[ ]

平成時代へいせいじだい 【1989ねん現在げんざい

 

《 coming soon 》

[ ]