日本での仕事(にほんでのしごと)

2017年現在(げんざい)日本(にほん)国内(こくない)では 6600万人(まんにん)()える労働人口(ろうどうじんこう)があり、そのうち8(わり)以上(いじょう)(ひと)たちが会社(かいしゃ)雇用契約(こようけいやく)(むす)び、仕事(しごと)をしています。
日本(にほん)では、工場(こうじょう)中心(ちゅうしん)とした製造業(せいぞうぎょう)(ほか)金融(きんゆう)流通(りゅうつう)、サービス(ぎょう)(さか)んです。
会社(かいしゃ)は、大企業(だいきぎょう)中心(ちゅうしん)に、東京(とうきょう)大阪(おおさか)名古屋(なごや)(など)都市部(としぶ)集中(しゅうちゅう)する傾向(けいこう)があり、会社(かいしゃ)で働く(ひと)たちは、都市部(としぶ)、その周辺(しゅうへん)()んで、会社(かいしゃ)通勤(つうきん)しています。
日本(にほん)は、都市部(としぶ)では公共交通機関(こうきょうこうつうきかん)発達(はったつ)しており、比較的(ひかくてき)遠方(えんぽう)からでも電車(でんしゃ)使(つか)って、毎日(まいにち)通勤(つうきん)することが可能(かのう)です。