a first personal pronoun in Japanese : 自分のことをなんてよぶ?

会話(かいわ)文章(ぶんしょう)()場合(ばあい)において、英語(えいご)では自分(じぶん)のことを通常(つうじょう)”I”という言葉(ことば)表現(ひょうげん)します。
では、日本語(にほんご)ではどうでしょうか?
自分(じぶん)のことを()(しめ)すための言葉(ことば)沢山(たくさん)あり、それらは利用(りよう)シーンや個人(こじん)(この)みによって使(つか)いわけられます。

◇とてもよく使(つか)われる言葉(ことば)(わたし)、あたし(女性(じょせい))、(ぼく)男性(だんせい))、(おれ)(おも)男性(だんせい)
◇わりとよく使(つか)われる言葉(ことば)小生(しょうせい)小職(しょうしょく)仕事(しごと)関係(かんけい))、わし、あっし、おら、おいら、当方(とうほう)、うち(女性(じょせい))、自分(じぶん)(ややこしいですが、関西(かんさい)(など)では相手(あいて)のことを()(しめ)言葉(ことば)としても使(つか)われます)
◇まれに使(つか)われる言葉(ことば)(われ)、あちき、拙者(せっしゃ)我輩(わがはい)、それがし、こちとら、わらわ、(おのれ)麿(まろ)、あっし、こちとら、手前(てまえ)()

上記(じょうき)以外(いがい)にも色々(いろいろ)言葉(ことば)がありますし、自分(じぶん)のことを自身(じしん)名前(なまえ)やニックネームで表現(ひょうげん)する(ひと)もいます。
また、地方(ちほう)によって使(つか)われる言葉(ことば)(=方言(ほうげん))を(くわ)えると、さらに(おお)くの種類(しゅるい)言葉(ことば)使(つか)われ(かた)があります。
(たと)えば、「(おれ)」という言葉(ことば)は、元来(がんらい)男女(だんじょ)(べつ)なく(もち)いられていた言葉(ことば)ですが、現代(げんだい)では男性(だんせい)同輩(どうはい)または目下(めした)(ひと)(たい)して自分(じぶん)のことを()(しめ)場合(ばあい)(もち)いるのが通常(つうじょう)です。しかし、地域(ちいき)によっては、現代(げんだい)でも女性(じょせい)使(つか)っている場合(ばあい)(おお)くあります。

自分(じぶん)はどれを使(つか)おう、ともし(まよ)ったら、一番(いちばん)のおすすめは、やはり「(わたし)」です。
日本人(にほんじん)使用頻度(しようひんど)(たか)いですし、カジュアルでも、またビジネスシーンや目上(めうえ)(ひと)との会話(かいわ)でも使用(しよう)できます。女性(じょせい)男性(だんせい)(もち)いることができるオールラウンダーな用語(ようご)です。

関連記事

  1. Japanese Acronyms & Abbreviati…

  2. Vertical and Horizontal Writing: 縦書…

  3. Typical Japanese culture is vague e…

  4. How to Write Dates:日付の書き順

  5. OMG, I completely forget Kanji! : ど…

  6. There is No subject in sentences, t…

  7. Blue color? or Green color? : 青? …

Blog Category

News Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。