How to ride the bus:バスの乗り方

日本(にほん)(おも)公共(こうきょう)交通(こうつう)機関(きかん)の1つに路線(ろせん)バスがあります。

路線(ろせん)バスは、(すべ)ての都道府県(とどうふけん)(はし)っています。

路線(ろせん)バスは便利(べんり)ですが、地域(ちいき)によって()(かた)()(かた)(こと)なるので注意(ちゅうい)必要(ひつよう)です。
日本人(にほんじん)でも、旅行(りょこう)などにでかけて、普段(ふだん)()りなれているのとは(こと)なるタイプのバスにのるときは、()(かた)運賃(うんちん)支払(しはらい)(かた)戸惑(とまど)うことがよくあります。

(もっと)一般的(いっぱんてき)路線(ろせん)バスは、(うし)ろのドアから()って、(まえ)のドアから()ります。
()るときに整理券(せいりけん)()って、()りるときに、整理券(せいりけん)番号(ばんごう)()わせて運賃(うんちん)支払(しはら)います。
()っている区間(くかん)距離(きょり)(とお)くなればなるほど、運賃(うんちん)(たか)くなります。

一方(いっぽう)路線(ろせん)バスの運行(うんこう)区間(くかん)運賃(うんちん)定額制(ていがくせい)となっているバスもあります。
東京(とうきょう)23区内(くない)路線(ろせん)バスは、定額制(ていがくせい)で、(まえ)のドアから()って、(さき)運賃(うんちん)支払(しはら)って、(うし)ろのドアから()りるタイプです。

(ほか)に、バスのドアが(まえ)にしかないタイプもあります。この場合(ばあい)は、(まえ)から()って、(まえ)から()ります。(おお)くの場合(ばあい)は、()りるときに運賃(うんちん)支払(しはら)います。

運賃(うんちん)もできれば、小銭(こぜに)支払(しはら)えるように準備(じゅんび)しておくのがいいですが、(なか)にはバスの(なか)両替(りょうがえ)できる場合(ばあい)もあります。

最近(さいきん)は、磁気(じき)カードやICカードなどで運賃(うんちん)支払(しはら)える路線(ろせん)バスも(おお)くあるります。磁気(じき)カードやICカードで支払しはらいえると、小銭こぜにをあらかじめ準備じゅんびしておく必要ひつようがないので便利べんりです。

路線(ろせん)バスは電車(でんしゃ)(ちが)って、乗降客(じょうこうきゃく)がいない場合(ばあい)は、バス(ばす)(てい)通過(つうか)することが一般的(いっぱんてき)です。
()りるバス(ばす)(てい)手前(てまえ)では、座席(ざせき)そばについているブザーを()して、「(つぎ)バス(ばす)(てい)()りる」ことを運転手(うんてんしゅ)さんに()らせないと、バス(ばす)(てい)()まってくれませんので、注意(ちゅうい)しましょう。

関連記事

  1. Dual income households:共働き

  2. Fireworks Festival:花火大会

  3. Seasonal event, the Star Festival &…

  4. Visiting Shrines(1) How to porperly…

  5. Visiting Shrines(2) How to purify y…

  6. How to rent apartment:賃貸住宅に住むには?

  7. Hope for the best, prepare for the …

  8. 浴衣

    Fine clothes make the man!? Summer …

Blog Category

News Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。