Morning commute in Japan:ビジネスマンの朝

 

オフィスビルで(はたら)(おお)のサラリーマンの(あさ)(はや)時間(じかん)から(はじ)まります(おお)くのオフィスは9()始業(しぎょう)一部(いちぶ)のオフィスでは、フレックスタイムを導入して、朝は10時までに出社すればいいというルールになっている場合もあります。ただ、フレックスタイムを導入している企業はあまり多くはありません。(※1

できるビジネスマンは、始業(しぎょう)時間(じかん)ギリギリにオフィスに()()ことはしません。(おそ)くとも10分前(ふんまえ)には、(はや)い人は30(ふん)1時間前(じかんまえ)にオフィスに()いて、仕事(しごと)(はじ)める準備(じゅんび)をしたり、(はや)めに仕事(しごと)にとりかかったりします。なかには、オフィスのデスクについて、朝食(ちょうしょく)のパンやおにぎりを()べることを日課(にっか)にしている(ひと)もいます。

オフィスに始業(しぎょう)10(ふん)30分前(ふんまえ)()くためには、何時(なんじ)(いえ)出発(しゅっぱつ)すればいいでしょうか?これは同じ(おなじ)日本(にほん)でも、地域(ちいき)によって(おお)きく(こと)なります地方(ちほう)都市(とし)では、通勤(つうきん)時間(じかん)30(ふん)以内(いない)というケースが多い(おおい)です。一方(いっぽう)東京(とうきょう)大阪(おおさか)などの大都市圏(だいとしけん)では、平均(へいきん)通勤(つうきん)時間(じかん)1時間(じかん)(くらい)です。(なか)には2時間(じかん)以上(いじょう)かけてオフィスに通勤(つうきん)している(ひと)もいます。調査(ちょうさ)によりますと、東京(とうきょう)大阪(おおさか)では、通勤(つうきん)1時間半(じかんはん)以上(いじょう)かかる(ひと)15%(ちか)にもなります。(※2

8時半(じはん)過ぎ(すぎ)にオフィスに()ためには、(おお)のビジネスマンは、7時半(じはん)(ごろ)(いえ)出発(しゅっぱつ)することになります。徒歩(とほ)あるいは、

自転車(じてんしゃ)・バスで最寄(もよ)(えき)まで()き、そこから電車(でんしゃ)()ります。通勤(つうきん)時間(じかん)1時間半(じかんはん)以上(いじょう)かかる場合(ばあい)は、始発(しはつ)(えき)(ちか)くに最寄(もよ)(えき)があることが(おお)(すわ)れる確率(かくりつ)(たか)いです。しかしながら、平均的(へいきんてき)通勤(つうきん)1時間圏(じかんけん)では、(すわ)って通勤(つうきん)することとはほとんどできません。最初(さいしょ)吊革(つりかわ)につかまって電車(でんしゃ)()られる(かん)じですが、次々(つぎつぎ)(ひと)()ってきて、身体(からだ)()きを()えることもできないくらいのギュウギュウ()めになります。電車(でんしゃ)によっては、途中(とちゅう)(えき)から混雑(こんざつ)(ひと)()れなくなるほどです。都心(としん)近く(ちかく)(えき)には、ドアの(そと)から、電車(でんしゃ)(なか)(ひと)()()むことを仕事(しごと)とする(ひと)配備(はいび)されます。

この通勤(つうきん)ラッシュを()()えて、オフィスに()いて、そこから仕事(しごと)(はじ)まります。日本(にほん)のビジネスマンは、体力(たいりょく)必要(ひつよう)です。

  

1 平成(へいせい)28年度(ねんど)調査(ちょうさ)では、フレックスタイム(せい)適用(てきよう)7.8%との結果(けっか)がでています。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/16/dl/gaiyou01.pdf

 2 東洋(とうよう)経済(けいざい)オンライン2016(ねん)10(がつ)13(にち)記事(きじ)より
http://toyokeizai.net/articles/-/140017

関連記事

  1. Japanese style of Teamwork:チームで仕事をす…

  2. Good morning greetings:朝のあいさつ

  3. Japanese Business-etiquette:日本のビジネス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Blog Category

News Post

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。