日本語能力試験(JLPT)

日本語能力試験(にほんごのうりょくしけん)英語(えいご): Japanese Language Proficiency Test、略称(りゃくしょう)JLPT、日能試)は、公益財団法人(こうえきざいだんほうじん)日本国際教育支援協会(にほんこくさいきょういくしえんきょうかい)独立行政法人(どくりつぎょうせいほうじん)国際交流基金(こくさいこうりゅうききん)主催(しゅさい)の、日本語(にほんご)母語(ぼご)としない(ひと)対象(たいしょう)日本語能力(にほんごのうりょく)認定(にんてい)する検定試験(けんていしけん)です。

最上級(さいじょうきゅう)のN1から最下級(さいかきゅう)のN5まで5段階(だんかい)のレベルがあり、一部(いちぶ)受験地(じゅけんち)(のぞ)き、日本(にほん)国内(こくない)、また日本(にほん)国外(こくがい)で、毎年(まいとし)7(がつ)上旬(じょうじゅん)と12(がつ)上旬(じょうじゅん)(ねん)2(かい)試験(しけん)実施(じっし)されています。年間(ねんかん)数十万人(すうじゅうまんにん)受験(じゅけん)をしています。

レベル:N5
認定(にんてい)目安(めやす) 基本的(きほんてき)日本語(にほんご)をある程度(ていど)理解(りかい)することができる。

()む】
・ひらがなやカタカナ、日常生活(にちじょうせいかつ)(もち)いられる基本的(きほんてき)漢字(かんじ)()かれた定型的(ていけいてき)語句(ごく)(ぶん)文章(ぶんしょう)()んで理解(りかい)することができる。

()く】
教室(きょうしつ)や、()(まわ)りなど、日常生活(にちじょうせいかつ)(なか)でもよく出会(であ)場面(ばめん)で、ゆっくり(はな)される(みじ)かい会話(かいわ)であれば、必要(ひつよう)情報(じょうほう)()()ることができる。

試験科目(しけんかもく)時間(じかん) 言語知識(げんごちしき)文字(もじ)語彙(ごい))25分
言語知識(げんごちしき)文法(ぶんぽう))・読解(どっかい)50(ぷん)
聴解(ちょうかい)30分
レベル:N4
認定(にんてい)目安(めやす) 基本的(きほんてき)日本語(にほんご)理解(りかい)することができる。

()む】
基本的(きほんてき)語彙(ごい)漢字(かんじ)使(つか)って()かれた日常生活(にちじょうせいかつ)つの(なか)でも身近(みぢか)話題(わだい)文章(ぶんしょう)を、()んで理解(りかい)することができる。

()く】
日常的(にちじょうてき)場面(ばめん)で、ややゆっくりと(はな)される会話(かいわ)であれば、内容(ないよう)がほぼ理解(りかい)できる。

試験科目(しけんかもく)時間(じかん) 言語知識(げんごちしき)文字(もじ)語彙(ごい))30(ぷん)
言語知識(げんごちしき)文法(ぶんぽう))・読解(どっかい)60(ぷん)
聴解(ちょうかい)35分
レベル:N3
認定(にんてい)目安(めやす) 日常的(にちじょうてき)場面(ばめん)使(つか)われる日本語(にほんご)をある程度(ていど)理解(りかい)することができる。

()む 】
日常的(にちじょうてき)話題(わだい)について()かれた具体的(ぐたいてき)内容(ないよう)(あらわ)文章(ぶんしょう)を、()んで理解(りかい)することができる。
新聞(しんぶん)見出(みだ)しなどから情報(じょうほう)概要(がいよう)をつかむことができる。
日常的(にちじょうてき)場面(ばめん)()にする範囲(はんい)難易度(なんいど)がやや(たか)文章(ぶんしょう)は、()()表現(ひょうげん)(あた)えられれば、要旨(ようし)理解(りかい)することができる。

()く】
日常的(にちじょうてき)場面(ばめん)で、やや自然(しぜん)(ちか)いスピードのまとまりのある会話(かいわ)()いて、(はなし)具体的(ぐたいてき)内容(ないよう)登場人物(とうじょうじんぶつ)関係(かんけい)などとあわせてほぼ理解(りかい)できる。

試験科目(しけんかもく)時間(じかん) 言語知識(げんごちしき)文字(もじ)語彙(ごい))30(ぷん)
言語知識(文法(ぶんぽう))・読解(どっかい)70(ぷん)
聴解(ちょうかい)40(ぷん)
レベル:N2
認定(にんてい)目安(めやす) 日常的(にちじょうてき)場面(ばめん)使(つか)われる日本語(にほんご)理解(りかい)(くわ)え、より幅広(はばひろ)場面(ばめん)使(つか)われる日本語(にほんご)をある程度(ていど)理解(りかい)することができる。

()む 】
幅広(はばひろ)話題(わだい)について()かれた新聞(しんぶん)雑誌(ざっし)記事(きじ)解説(かいせつ)平易(へいい)評論(ひょうろん)など、論旨(ろんし)明快(めいかい)文章(ぶんしょう)()んで文章(ぶんしょう)内容(ないよう)理解(りかい)することができる。
一般的(いっぱんてき)話題(わだい)(かん)する()(もの)()んで、(はなし)(なが)れや表現意図(ひょうげんいと)理解(りかい)することができる。

()く】
日常的(にちじょうてき)場面(ばめん)(くわ)えて幅広(はばひろ)場面(ばめん)で、自然(しぜん)に近いスピードの、まとまりのある会話(かいわ)やニュースを()いて、(はなし)(なが)れや内容(ないよう)登場人物(とうじょうじんぶつ)関係(かんけい)理解(りかい)したり、要旨(ようし)把握(はあく)したりすることができる。

試験科目(しけんかもく)時間(じかん) 言語知識(げんごちしき)文字(もじ)語彙(ごい)文法(ぶんぽう))・読解(どっかい)105分
聴解(ちょうかい)50(ぷん)
レベル:N1
認定(にんてい)目安(めやす) 幅広(はばひろ)場面(ばめん)使(つか)われる日本語(にほんご)理解(りかい)することができる。

()む 】
幅広(はばひろ)話題(わだい)について()かれた新聞(しんぶん)論説(ろんせつ)評論(ひょうろん)など、論理的(ろんりてき)にやや複雑(ふくざつ)文章(ぶんしょう)抽象度(ちゅうしょうど)(たか)文章(ぶんしょう)などを()んで、文章(ぶんしょう)構成(こうせい)内容(ないよう)理解(りかい)することができる。
・さまざまな話題(わだい)内容(ないよう)(ふか)みのある()(もの)()んで、(はなし)(なが)れや詳細(しょうさい)表現意図(ひょうげんいと)理解(りかい)することができる。

()く】
幅広(はばひろ)場面(ばめん)において自然(しぜん)なスピードの、まとまりのある会話(かいわ)やニュース、講義(こうぎ)()いて、(はなし)(なが)れや内容(ないよう)登場人物(とうじょうじんぶつ)関係(かんけい)内容(ないよう)論理構成(ろんりこうせい)などを詳細(しょうさい)理解(りかい)したり、要旨(ようし)把握(はあく)したりすることができる。

試験科目(しけんかもく)時間(じかん) 言語知識(げんごちしき)文字(もじ)語彙(ごい)文法(ぶんぽう))・読解(どっかい)110(ぷん)
聴解(ちょうかい)60(ぷん)